『グリム童話』をジェンダーの視点から研究しています。

トップ > プロフィール

野口芳子(旧姓 柊木)


  1949年7月7日生
  E-mail noguchiy@mukogawa-u.ac.jp

 専門はヨーロッパ民俗文化学でとくにグリム童話を中心とするドイツ伝承文学を民俗学、社会学、文学、歴史学、法学、ジェンダー学など多角的視点から学際的に研究しています。研究と教育の両方を楽しみ、ジェンダー学を取り入れた論文や著書を多数発表しています。講義をするのが大好きなので、講演会依頼にも積極的に応じている元気なグリム研究者です。

 2018年現在、梅花女子大学大学院 文学研究科 児童文学専攻で以下の科目を教えています。
  外国児童文学講義2(独語圏) / 児童文学特殊講義W1、W2
  児童文学研究・演習W1、W2 / 児童文学特別研究W

[職歴]

1983年 4月武庫川女子大学 専任講師
1990年 4月武庫川女子大学 文学部 助教授
1998年 4月武庫川女子大学 文学部 教授
2016年 3月武庫川女子大学 名誉教授
2017年 4月梅花女子大学大学院 文学研究科教授(現在に至る)

[学歴]

1972年 3月関西学院大学 文学部 独文学科 卒業
1974年 3月関西学院大学大学院 修士課程ドイツ文学研究科 卒業
1977年12月西ドイツ マールブルク大学大学院 博士課程 ヨーロッパ民俗文化学(Europaeische Ethnologie) 研究科 卒業(国際ロータリークラブ財団奨学生として留学)
文学博士(Dr.der Philosophie)の学位取得

[社会活動]

ドイツ文学関係

グリム童話・グリム兄弟関係

昔話・口承文芸関係

女性学・ジェンダー学関係

その他

[表彰]

2014年10月31日日本学術振興会より科学研究費助成事業において優秀審査員として表彰

競争的資金等の研究課題

メニュー


(恩師:ウェーバー=ケラマン先生)


ページのトップへ戻る