『グリム童話』をジェンダーの視点から研究しています。
最終更新日:2018/12/18 

前へ
次へ
講演・シンポジウムの予定

その他に予定している講演・シンポジウムについてはこちらへ。



お知らせ



京都新聞(2018年11月14日(水)洛西版)

講演を行いました。
» 2018年11月9日(金)に長岡京市図書館で「グリム童話「白雪姫」―固定観念を覆す解釈―」と題して講演を行いました。
 また、その様子が2018年11月14日の京都新聞に取り上げられました。

著書・論文の出版予定
» 明治期における「赤ずきん」の受容について ―最初の邦訳と邦訳者を中心に―
 梅花児童文学 第26号 2018年8月末~9月出版予定

最初の邦訳は明治36年「ロートケッペン」ではなく、29年「赤襟娘」。
その内容を詳しく紹介し、未記載である訳者を特定。祖母への持参品が
ケーキから肉に変更された話が4話もある。その理由を解明する。

映画のパンフレットに寄稿しました。
» 映画「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」(2018/08/18(土)公開予定)、パンフレットに寄稿しました。
詳しくはこちらへ。

第22回 日本ジェンダー学会
» 第22回日本ジェンダー学会が佛教大学二条キャンパスにて開催されます。
詳細は日本ジェンダー学会公式サイトへ



Pick UP

ページのトップへ戻る